主婦 キャッシング 総量規制

主婦 キャッシング 総量規制

主婦 キャッシング 総量規制 関連記事





大手消費者金融で借りたい!収入があることが条件


大手消費者金融の審査では、必ず収入がある方とあります。
総量規制の関係からです。

総量規制とは?
年収3分の一を限度額とする。
これが総量規制ですが、この法律は貸金業法のもので、銀行カードローンには適用されません(総量規制対象外といいます)。
ですから、年収300万円の方の借入限度額は100万円、150万円の方は50万円と決まってしまいます。
大手消費者金融だけではなく、中小消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠もこれに当たります。
消費者金融対象外のローンは、銀行カードローン以外に住宅ローン、教育ローン、自動車ローン、事業者ローンなどで、すべてキャッシングが目的ではなく、◯◯に使うと使用目的がはっきりしているのが特徴です。

主婦のキャッシング
主婦は、婚姻関係にある女性を言います。
最近では、主夫もいますが、これは婚姻関係の男性です。
一般的には、家庭を守る、子供がいれば子育てにしている方です。
最近では、専業主婦の方が少ないと言うくらい働きにでている主婦が多いですが、キャッシングに関しては、専業主婦以外は、男女の区別はありません。
レディースキャッシング、レディースローンは、女性だけを受付していますが、金利、総量規制、信用情報などの優遇措置はなく、金融業者で対応するのが女性スタッフであると言うくらいです。
特別なことはないのですが、主婦を含む女性も手軽にキャッシングをして下さいというキャンペーンの一環です。
最近は主婦のキャッシングも多くなったと言います。
手軽さだけではなく、自由に使えるお金を返済できる範囲内で借りたい、そんな方が利用者になっているようです。

仕事をしている主婦限定

大手消費者金融のキャッシングは、主婦でも収入がある方のみです。 パートやアルバイト、在宅ワークでもOKです。
在宅ワークは個人事業主として確定申告をしていれば、収入があることになります。
ただ、年収は100万程度は必要です。
ですから、月に5万円程度ですと、年収は60万円。
審査通過の保証はないのですが、総量規制から行くと20万円の限度額になります。
それなら、銀行カードローンの専業主婦枠で、借入限度額50万円の楽天銀行スーパーローンなどのキャッシングがおすすめです。
大手消費者金融より金利も低いですし、限度額が大きくなります。

とりあえず、主婦のキャッシングに関しては、収入があれば大手消費者金融でもOKです。
しかし、銀行カードローンで専業主婦も借りれますし、その方が限度額が大きくなることがあります。
ただし、審査に通ればの話しで、多重債務者などは銀行の審査は難しいです。
働く主婦の大手消費者金融も多重債務などで審査落ちの口コミも多いですから、そうなるとキャッシングはできないこともあります。
主婦に限った話ではないですが。


▲TOPにもどる



専業主婦が利用できる配偶者貸付について


大手消費者金融では専業主婦の借入はできません。
収入がなく総量規制範囲内もゼロになるからです。
しかし、中小消費者金融に行くと、例外貸付として配偶者貸付制度が存在します。
配偶者の総量規制範囲内での借入を夫婦で行うものです。

配偶者貸付は家族カードのようなもの?
言ってしまえば、家族カードローンといっても良いでしょう。
厳密にいうと、中小消費者金融は金融会社ですが、カードローンではなく、振込によるキャッシングです。
お金貸して下さい、いくらですか?
という古典的な方法でキャッシングができます。
配偶者貸付も申込みができるのが、夫の総量規制範囲内で、妻も使えます。
契約者は夫名義ですが、奥様もどうぞと言う内容です。
ですから、利用は夫婦で行い、内緒のキャッシングなどはできません。
互いにキャッシングを確認しつつ、総量規制範囲内で出し入れをします。
返済は当然、夫に責任があります。
一応妻も使えるように、と用意する方も多いです。
夫が全く使わないであれば、堂々と専業主婦でありながら、配偶者貸付制度を利用してキャッシングができます。

審査基準となるのは夫の属性
配偶者貸付制度で気をつけなくてはならないのが夫の属性です。
すでにキャッシングをし尽して、総量規制範囲内に余裕がなければ借りれないです。
また、多重債務者、債務整理者など金融事故があってもNG。
同時に、妻の信用情報もブラック要因が多ければ審査はとおらないでしょう。

配偶者貸付制度に頼る場合、銀行カードローン審査落ちの専業主婦も少なくなく、信用情報でブラックリストの場合も少なくないです。
普通に中小消費者金融で借りるのなら、問題ない場合かもしれませんが、配偶者貸付制度は夫婦の信用情報、Wの審査が待っています。

ブラック対応の中小消費者金融のはずが

確かに、中小消費者金融では大手消費者金融審査落ちのブラックも借りれることで知られています。 理由は色々ですが、審査が甘い、配偶者貸付制度がある事自体審査が甘いといえるでしょう。
しかし、配偶者貸付の審査は、やや慎重です。
夫がバリバリのキャッシングをしている場合、そこに妻のキャッシングも加わると、返済能力が低下するリスクがあります。
配偶者貸付では夫の同意書が必要です。
要するに、妻も借りますが返済は大丈夫ですという証明です。
誰しもそこまでの専任能力があねとは思わないようですが、実は配偶者貸付にサインをするということは、そういうことなのです。

そんな信用情報では大きなことは言えないよ?
配偶者貸付の審査落ちの原因としては、夫の信用情報と返済能力、同意書の内容で食い違いが見られることです。
ブラックなのに、妻もキャッシングなんてできる?返済できないんじゃない?と思われることで、審査に落ちることは多いです。
旦那さん、絵なたにはそんなに総量規制に余裕はないですから、今回の審査はNGということになります。
夫は自分でそのままキャッシングを続けることが可能で、今回は専業主婦の妻が借りれないということです。


▲TOPにもどる



個人事業主主婦のキャッシングの仕方


最近は、在宅ワークやネットショップ経営などで収入を得ている主婦が多いです。
収入があるということは、一家の所得に関わることですが、103万円に満たない場合、申告をしない方もいます。
しかし、所得税を支払っていたりすると還付金があります。
また、キャッシングなどをしたい方は、必ず確定申告をすることをオススメします。

税金かキャッシング
申告をすると、翌年税金がかかってくることがあります。
これは、一概にオススメすることができないのですが、夫と相談の上、申告は考えて下さい。
しかし、150万円とか絶対に税金がかかる場合は申告しないとあとで追徴課税などがあります。
そして、この確定申告をしていると、収入のある主婦となり、金融業者からのキャッシングが夫無関係でできるようになります。

在宅ワーク主婦は個人事業主
会社組織ではなく、自分だけで事業をおこして収入を得ている方は個人事業主です。
金融会社では、確定申告の内容から、とりあえず収入のある主婦、ではなく申込者として判断をします。
大手消費者金融なら総量規制で年収3分の一が限度額として審査をします。
銀行カードローンでは、少し限度額が大きくなるのですが、実は個人事業主での審査は難しくなります。
事業者として、安定収入がないと銀行カードローン審査は通らないです。
ですから、在宅ワークとして数年安定した収入が必要になります。
そんな時は、大手消費者金融の申込みになりますが、それでも2年程度の勤続年数がある方が審査は通りやすいです。

大手消費者金融では100万円以上が最低条件

それでも、信用情報の内容で金融事故がない場合は、総量規制範囲内で借入ができます。 100万円で33万円程度です。
個人事業主で1000万円程度の収入は決して多くはないのですが、そこは主婦ですから、大手消費者金融としても許容範囲は広がることでしょう。
多分大丈夫だと予想されるのが、個人事業主歴3年程度、120万円程度の年収で、個人事業主。
今回が初めてのキャッシング、過去に何度かクレジットカードでの利用で、すべて完済している状態です。
多重債務者などでは審査通過はできないかもしれません。

主婦だから借りれる所を探す
この場合の審査では、“主婦だから”少ない年収でも借入できる、それも大手消費者金融では、ということです。
銀行カードローンでは、この条件だと厳しいです。
ですから、“主婦だから”銀行カードローンの専業主婦枠の申込みができます。
私は収入がない専業主婦ですから、と申込みをすることで、最高50万円程度 
限度額のキャッシングができます。
これを普通のキャッシングの総量規制で換算すると年収150万円です。
これは“主婦だから”できることで、信用情報さえ良好であれば、個人事業主としてでも専業主婦としてでもキャッシングの選択肢が増えます。


▲TOPにもどる



貸金業法の改正で専業主婦は辛い


銀行カードローンも消費者金融も審査では返済能力を確認します。
収入があれば、借入限度額は決まります。
すでに借り入れがある多重債務者は、キャッシングしている分を差し引いた限度額になります。
原則的に多重債務はNGではないです。

貸金業法
以前消費者金融はサラリーマン金融、サラ金と呼ばれていました。
収入に関係なく、ある程度の限度額で借り入れができました。
専業主婦はもちろんですが、収入がない方も一応審査は通って、平均30%超の高金利でした。
それでもキャッシングが自由にできた時代です。
ところが、次々と返済不能者続出、悪質な金融会社の実態が暴かれ、事件も起きました。
そして、国は貸金業法にメスをいれ、改正貸金業法で、金利は最高20%にするとともに、借入限度額を収入3分の一以内とする総量規制を作りました。

総量規制の恩恵

総量規制により消費者金融の借入による債務整理の数は一気に減少しました。 クレジットカードや信販会社のキャッシングも総量規制範囲内になり、限度額が少ないことで不満はありますが、無理のない返済ができることと大手消費者金融審査そのものも厳しく規制されています。
しかし、悲しいのは専業主婦です。
改正前の専業主婦は、無収入ですが、サラ金の借入は自由でした。
消費者金融業者もろくに審査もせずに対応していたので、収入者同様の限度額でキャッシングができたのです。
所得証明書なども不必要で、条件と言えば20歳以上くらいです。

大手消費者金融のキャッシングができない専業主婦たちにとっては、銀行カードローンか中小消費者金融などの配偶者貸付の方法しかなくなってしまったのです。
銀行カードローンは銀行法ですから、総量規制は無関係です。
専業主婦は一定の限度額を範囲内で、50万円程度のキャッシングができます。
ただし、それ以上の借入はできません。
キャッシング業界的には、金融会社などは貸し渋りができるだけではなく、完済者も増加しました。

専業主婦は働こう
改正貸金業法では、働く主婦に関しては収入に応じた総量規制範囲内の借入ができます。
配偶者貸付制度もありますが、どうしもキャッシングをしたいのなら、パートでもアルバイトでも収入を得ることです。
在宅ワークで個人事業主になるのも良いですが、審査を受けるまで、数年間の我慢が必要です。
返済能力が生まれることで、大手消費者金融などの審査も受けられます。
収入が少なければ、少ないなりのキャッシングができることになります。


▲TOPにもどる



総量規制のない銀行、内緒で作れるカードローン


消費者金融に存在する総量規制は年収3分の一以内を借入限度額にしているものです。
銀行カードローンにはない規定です。
ということは、銀行カードローンの方が限度額が高いといえます。
クレジットカードや信販会社のキャッシング枠は総量規制範囲内です。

年収3分の一の壁
返済能力が高いとしても、毎月の借金返済額が多ければ、債務整理に陥ることもあります。
そこで貸金業法のこの範囲は、債務整理防止でもあり、現に消費者金融利用者の債務整理の数は減少しています。
反対に、銀行カードローンの債務整理は増加傾向です。
審査は厳しいキャッシングですが、限度額が大きいことで、借り過ぎ担ってしまっていることが原因です。
一見申込者にしてみればうっとうしい総量規制ですが、キャッシングブレーキとしては大きな役割をしているといえるでしょう。

主婦キャッシングの増加
専業主婦もキャッシングができる銀行カードローンです。
審査が厳しいはずが、少額の限度額が決まっていることで、審査通過ができます。
限度額は小さくても、収入がない、夫に内緒で作ることができたとしたら、返済金をうまく作ることができず、夫に内緒で債務整理をする専業主婦も多くなっています。
金融会社としては、夫の存在は無関係ですから、請求が行くことはありません。
債務整理も夫無しで進めることができます。
多重債務も同様です。
消費者金融では、専業主婦の借入ができないので、こうしたこともありません。

配偶者貸付制度

ただ、中小消費者金融や信販会社では、配偶者の年収を総量規制として、専業主婦でも借入ができる金融業者があります。 こちらは夫に内緒はできませんが、夫とともにキャッシングができます。
同じ総量規制を使用することになります。
300万円の年収の夫の総量規制は100万円です。
しかし、この範囲を借りれるものではなく、夫婦の信用情報などからたいてい30〜50万円程度の借入しかできないことが多いです。
総量規制範囲ではないというよりは、この配偶者貸付は例外貸付であり、金融業者のよほど高い信用がなければ契約ができません。
ときに夫の信用情報は大きなポイントです。
ブラック対応の中小消費者金融でも、配偶者貸付制度ではブラック夫の場合は審査落ちすることがあります。
夫だけの契約よりも返済リスクが高いからです。

専業主婦にとっては簡単にキャッシングができないシステムですが、金融会社としては、無収入ゼロの申し込みに関しては、信用できないのは当然のことです。返済能力の審査方法は書く業者で変わりますが、現在の収入と過去からの返済遍歴などが大きなポイントになります。
銀行カードローンの専業主婦OKというのが例外貸付であり、よほどの信頼をしてもらえるということです、
働かなくても生活ができる。
それが専業主婦の特権であり、証明ですが、借り過ぎにはご注意を。
内緒のキャッシングは慎重に。

▲TOPにもどる