専業主婦 お金借りる

専業主婦 お金借りる

専業主婦 お金借りる 関連記事

  • 専業主婦は借りれる範囲がとても狭い
  • 収入ゼロの専業主婦も借りられる
  • 銀行カードローン審査落ちの原因
  • 専業主婦が借りれる情報がいっぱい 口コミサイトの利用
  • 消費者金融出の契約者にはなれない専業主婦


専業主婦は借りれる範囲がとても狭い

専業主婦は、自分が申込者となってお金を借りることができるのは銀行カードローンしかないです。
他の金融機関ではすべて断られます。

・銀行カードローンが借りられる理由
銀行の審査では、職業欄に専業主婦とあったとしてもOKです。
収入はゼロですが、収入がなくても生活していけるレペルであることを確認します。
最近働く主婦が多いですが、家計のためでしょう。
しかし、専業主婦でいられることは、家計が大変ではないことの証明です。
銀行審査ではその部分を評価します。
ただし、限度額はその銀行で決められた金額であり、最大で楽天銀行スーパーローンなどの50万円です。

・消費者金融で借りられない理由
一方、消費者金融では原則的に収入がないと返済能力がないと判断をします。
総量規制があり、年収3分の一の範囲内が申込者の借入限度額です。
ローンカードを持つためには、収入があることが原点となるため、専業主婦は最初から借りることができない、申し込みも受け付けないのです。
この総量規制は、貸金業法で定められたもので、消費者金融、クレジットカードや信販会社のキャッシング枠で有効です。
総量規制対象外としては、住宅ローンやカーローン、銀行カードローンも入ります。

・銀行カードローン限度額では不足
専業主婦が多額の借金をしたいと言うのは、無謀な話です。
例えば、楽天銀行スーパーローン50万円を使い切って、違う銀行カードローンに申し込みをしたとしても、審査は通りません。
これは、信用情報ですでに楽天銀行スーパーローンに借入していることが判明しているからです。
もしこの金額が少ないとしても、無収入の専業主婦の多重債務はなかなかできないことです。
他になんとか借りたいというとき、中小消費者金融などの配偶者貸付制度があります。
安定した夫の収入で借入ができるシステムですが、限度額ときちんとしたものないのですが、せいぜい50万円程度とされています。
銀行カードローンで借入をしていたとしても、返済をきちんとしている場合、夫の信用情報で金融事故がない場合には、キャッシングができるケースもあります。
この場合、夫の同意書が必要で、認知している借金が条件です。
また、すべての中小消費者金融で行っいるものではなく、例外もあります。

・カードローン申込みは茨の道
専業主婦は収入がないことで、カードローンには厳しい選択になります。
大手消費者金融は申込対象外で、カードローン会社では収入がないことで審査落ちです。
旦那の年収を利用する配偶者貸付もすべてが自由になるお金ではありません。
返済額が大きくなってしまうと、生活費から返済を捻出、またお金が不足してしまうなど堂々巡りになることもあります。
自分に収入がない、最低限の借入が必須。
このことを念頭にして、自分がキャッシングできる範囲内で自制ある借り方が必要です。
とはいっても、最近は専業主婦の債務整理も増加しているとか。
借りる前に働けば?という忠告もありますが。




収入ゼロの専業主婦も借りられる

カードローン会社では、収入を記入する欄が必ずあります。
専業主婦はそこに0と書くことになりますが、無収入でカードローンと言うのは意外な感じです。
私収入がないのですが、カードローン持てるのですか?の質問に、銀行カードローンは審査が通れば大丈夫ですと言われることになります。

・銀行の審査
カードローン申込後の審査は、銀行も消費者金融も違いはありません。
たいてい収入で、総量規制が決まったり限度額が設定されますが、0の専業主婦は、その金融機関の限度額になります。
ここで、収入0は専業主婦だけの特権です。
家事手伝い、フリーターの場合は審査落ちです。
婚姻関係であるかなどの審査もないですが、虚偽はNGです。
別居していたとしても、生活していける範囲内と判断され他のなら原則OKです。
同居・別居の差ではなく、返済してもらえれば、銀行審査ではそこまで詳しく内容も見ないでしょう。
自分の申告情報はここまでで、あとは信用情報の内容です。

・ブラックは審査落ち
債務整理者や多重債務者の専業主婦キャッシングは審査はと通らないでしょう。
債務整理は、5〜10年はキャッシングができない身分です。
信用情報にすべての記載がありますから、本当に10年程度は何もできない状態です。
債務整理をしてしまったら、申込はしないことです。
また、多重債務者も審査は難しいです。
もともと限度額が少ない専業主婦があちこちの銀行カードローンを持っている事自体できない話です。
ただし、配偶者貸付を利用してしまったときには、中小消費者金融と銀行カードローンという多重債務は存在します。
申込ができないことはないのですが、どちらか返済ができなくなったとしたら、ブラックになってしまいます。
金融事故は、専業主婦にとってはその後のキャッシングに大きな影響を与えます。

・信用情報が絶対
過去の返済や借入状況は、信用情報で確認をします。
申し込みのときに記入欄があり、正しい情報を書かなくてはならないのです。
申込書の内容と信用情報が違う場合、勘違いでしたといっても通用しないです。
虚偽申告として審査落ち、ブラックになってしまうことがあります。
収入証明でごまかすことがない専業主婦ですが、多重債務であったり、年齢などは間違わないことです。
過去に借入していると情報は残っていますから、審査段階ですべてバレバレです。
ばれたとして、内容が違うと審査落ちになってしまいます。
その後、暫らくはどの銀行カードローン審査も通らない運命が待っています。

この審査落ちは、専業主婦に限定ではなく、すべての申込者に言えることでは。
キャッシング会社では、正しい情報を記入することが必須です。
ごまかし、年齢詐称、年収を多く書くなどは、絶対にしないことです。
少ない年収で審査落ちは仕方のないことで、この事自体ブラックではないのですが、多く見積もって書くなんていうのはブラックです。



銀行カードローン審査落ちの原因

銀行カードローン審査に落ちた専業主婦は、中小消費者金融などの配偶者貸付の利用が妥当です。
銀行カードローン審査に落ちる、どんなことが原因でしょう?

・過去5年以内の債務整理
債務整理は、借金返済ができない方が法的に手段を使って、返済額を減少させることです。
キャッシング会社、カードローン会社が合意をした上で、返済ゼロの自己破産、返済額を減らす任意整理などを行うことです。
この5年は一般的であり、もっと長い場合もあります。

・1ヶ月以上の延滞
延滞してしまった後のカードローン申込は審査落ちの大きな原因です。
返済日の翌日ですとまだ良いのですが、請求後の返済は滞納として信用情報に記録されます。
キャッシング会社では、延滞者には厳しい審査になります。
審査の甘い中小消費者金融でも、多重債務、債務整理は良くても延滞で審査落ちは良くある話です。
うっかり返済忘れは大変なことになってしまいます。

・申し込みブラック
案外と知られていないのがこの審査落ちの原因です。
過去半年以内で、複数のキャッシング会社、カードローン会社に申し込みをしただけで、審査落ちになります。
これは、信用情報としてはよほどお金に苦慮していると思われているからです。
何社も審査落ちしているのに、あちこちに申し込みをしなくてはならない事情が、返済不能になると感じられるからです。
気をつけなくてはならないのが、一括申し込みサイトの利用です。
大手消費者金融、銀行カードローンなどに一度に申し込みができるのですが、同時に信用情報に記録されます。
専業主婦でもキャッシングができる、どこかでビンゴと思い申し込みをしたら、審査落ち。
この時、すでに申し込みブラックになってしまっていることがあります。
専業主婦は消費者金融の申し込みはできないのですが、それでも記録されてしまうことで、銀行カードローン審査は不利になります。
あくまでも銀行カードローン1社の申し込み。
そこでダメなら半年間は申し込みができないと思って下さい。

これらの専業主婦の審査落ちの原因ですが、解決するには時間の経過が必要です。
債務整理で5年以上、申し込みブラックで半年以上です。
もし今後のキャッシング予定があるのなら、無駄な動きはしないことです。

・銀行カードローン審査落ち後の配偶者貸付
信用情報のブラックでも中小消費者金融では対応してくれます。
申し込みブラックも半年待たずに審査が開始されますが、配偶者貸付になりますから、配偶者の審査情報が必要です。
この時、金融事故がない方であれば、専業主婦の信用情報内容の審査だけが問題です。
申し込みブラックも承知の上で、借りれる場合がありますが、この時は数万円が限界です。
配偶者の総量規制範囲内ですから、その限度内いっぱいの借入は最初からできません。
その上ブラック専業主婦であれば、旦那の信用情報関係なく、今回は数万円のキャッシングだけになってしまいます。
もちろん、旦那の同意書が必要です。



専業主婦が借りれる情報がいっぱい 口コミサイトの利用

専業主婦が借りれる銀行カードローンの情報は、たくさんのサイトで紹介しています。
東大医学部卒MIHOサイトでは、専業主婦だけではなく、ブラック対応の中小消費者金融の情報などが満載です。
キャッシングに関するコラムも好評です。

・公式サイトだけではわからない
情報サイトでは、専業主婦のキャッシング事情の情報が多いです。
銀行カードローンはもちろんですが、配偶者貸付についても申込み方法が詳細に書いてあります。
総量規制関係、銀行カードローンが総量規制対象外であること、例外貸付の存在やあの中小消費者金融は対応が良いとか悪いなどの口コミもあります。
是非参考にしてみると良いでしょう。

・疑問もスッキリ
専業主婦Aさんが、キャッシングをしようと銀行カードローンに申込みをしたら、審査落ちでした。
少し前にクレジットカードのキャッシング枠で延滞をしてしまったのが原因です。
それでもなんとかしてキャッシングをしたいと情報収集をしていたら、配偶者貸付ができるキャッシング会社を見つけました。
ただ、そこでは配偶者貸付がある、必要書類はこれとあるだけでもなんとなく不安です。
そこで、情報サイトで調べたところ、旦那の勤務先ヘの在籍確認について知りたいと思いました。
旦那には同意書をもらわなければならないことはわかりました。
在籍確認はカードローン会社では当たり前のことですが、配偶者貸付では存在するか?
それをされたら、旦那は良いとは言わないと思い、なんとか知ろうと調べたといいます。
この時に情報サイトで、配偶者貸付での夫の在籍確認はありませんとあり、安心したようです。
収入証明書や婚姻証明書などは必要ですが、在籍確認がないことで、夫に同意書を求めたと言います。

・中小消費者金融のどこが良いかわからない
専業主婦Bさんは、ブラックです。
最初から銀行カードローン審査はダメとわかっていたので、キャッシング会社は最初から審査の甘い中小消費者金融に行こうとしていました。
ところがどこが良いかわからないと、サイトで調べました。
現在審査の甘い、中小消費者金融、街金などの検索で各金融業者は調べることができますが、審査内容や甘さを知ることはできません。
申込者や利用者が開設するサイトに行くと体験談を混じえ、本当の実態を知ることができます。
そこで、審査の甘さの度合いも調べて、これからブラックな私も対応してもらえるとわかったところの申込みができます。
条件だけではわからないことも多く、実際に審査落ちしたり、こんなブラックでも大丈夫だったと言う口コミは貴重です。
中小消費者金融の申込みブラックはないですが、業者に渡り歩きはオススメしないです。
事前リサーチは、情報サイト、口コミサイトが便利です。




消費者金融出の契約者にはなれない専業主婦

現在大手消費者金融のほとんどが銀行系消費者金融と言われています。
銀行傘下に入ることで、経営しています。
大手銀行では、自社のカードローンの保証会社となってもらっています。
ただし、カードローン審査内容などは別物で、専業主婦などは大手銀行カードローン申込みができても、その傘下の大手消費者金融の申込みはできません。
キャッシング会社として別経営になっています。

・専業主婦は消費者金融では借りられない
中小消費者金融などの配偶者貸付、クレジットカードのキャッシング枠も配偶者の収入証明書でのキャッシングが可能です。
専業主婦単独の申込みができないようになっています。
これは、専業主婦に収入がないからです。
消費者金融は貸金業法、銀行カードローンは銀行法によってキャッシング規定があります。
審査内容としては、銀行が厳しいですが、収入証明ができない専業主婦は、消費者金融の申込みもできないのです。
条件としては消費者金融が厳しいことです。

・ブラックは基本的に審査落ち
中小消費者金融では、ブラック対応が大きなポイントです。
大手消費者金融審査落ちの方が借りれる金融業者として、情報がありますが、配偶者貸付に関しては、簡単ではないようです。
配偶者貸付は、配偶者の旦那の信用情報も必要です。
ここでブラック、専業主婦もブラックであれば信用度はありません。
多分審査落ちは決定です。
また、配偶者がすでに借入をしていて、総量規制範囲がない、多重債務者である場合も配偶者貸付はできないことが多いといいます。
収入証明書があったとしても、信用情報が悪いことで、妻への融資範囲があまりにもないことが審査落ちの大きな原因です。

・銀行カードローン審査落ち後は厳しい
専業主婦にとっては、自身に収入がないことが大きなネックです。
みずほ銀行カードローンなどはインターネットで簡単に申込みができるキャッシングですが、専業主婦でも1時間程度で現金を手にすることができます。
ただし、審査落ちは即結果が出て、暫らくはここの申込みもできません。
では、配偶者貸付と行きたいところですが、ブラックであれば、借入ができないということです。
中小消費者金融でも極甘審査であれば可能性はありますが、申込み前に必ずリサーチをして下さい。
極甘と付くと、闇金の場合があり、本来の中小消費者金融ではない可能性があります。
お金は貸してくれるのですが、法外な利息と理不尽な取立が予想されます。
専業主婦と分かれば、旦那の勤務先などをチェックされますが、実際の返済取立は、旦那に集中します。
専業主婦では相手にならないということで、夫に多大な影響があるのです。
中小消費者金融は名前を知られていないところが多いので、正規金融業者であり、きちんとした金融業者、キャッシング会社であることをきちんと確認をしてからの申込みは絶対です。