主婦 キャッシング 理由

主婦 キャッシング 理由

主婦 キャッシング 理由 関連記事





主婦 キャッシング 理由


主婦が審査に通らない理由
専業主婦がカードローンの契約をしようとしても、金融事故や返済の延滞の経験などもないのに、なぜか、貸金業者の審査に通らない、ということがあります。これはいったいどうしてなのでしょうか。申込者の主婦に金融事故などの経歴があり、信用情報にその事故情報が載っている、というのであればまだ納得はいくのですが、しかし、そのようなこともないのにローンカードの借入ができない、というのはなんだか納得できませんよね。

審査担当者談では、銀行などの金融機関の銀行カードローンでならまだ可能性はあるものの、収入のない主婦では、信用情報機関に不利な情報がなかったとしても、消費者金融では、お金を借りるのは難しいとのことです。これは、消費者金融は銀行とは違って貸金業法の規制を受けており、その貸金業法では「借入総額はその人の年収の3分の1まで」と定められているからです。

収入がないと借入できない

このように、審査担当者談によると、金融事故などが信用情報機関の信用情報になかったとしても、主婦の方がお金を借りづらいのは、総量規制によって収入に対する借入の額が制限されているからです。このため、銀行のカードローンや銀行カードローン、そして、その他の金融機関であればまだしも、消費者金融では、収入のない方は返済の見込みも立ちにくいので、ローンカードなどを貸金業者などの業者で作るのは難しい、ということです。
では、申込者がパートやアルバイトをしている場合はどうなのかといえば、これは非正規であるにせよ、一定の収入があるとみなされて、審査に合格することもあります。もちろん、その場合の借入限度額は、その人の収入額に比例して上下する傾向にあるので、稼いでいる分に応じた額の限度額が与えられることになります。

また、中には専業主婦であっても借入ができる場合もあるようですが、これは配偶者の収入を返済の原資とする、という想定のようです。

銀行カードローンなら大丈夫
「金融事故を起こした覚えもないし、信用情報機関の信用情報に事故情報が載っているはずはないのに、どうして借入ができないんだろう」と悩んでいた主婦の方は、ぜひ、このように消費者金融に限定して貸金業者を探すのではなく、銀行のカードローンや銀行カードローンなどで、ローンやローンカードを作るようにしてみましょう。

審査担当者談によると、こういった銀行カードローンや銀行などの金融機関のカードローンのなかには、申込者が専業主婦であることをもとから想定して販売されているカードローンもあり、「専業主婦でもOK」とうたわれているものも存在しますので、そのようなものは審査に通りやすいでしょう。

もちろん返済はきっちりしていくことが必要ですので、配偶者の方の収入をあてにするにせよ、返済計画はきっちり立てましょう。そして、なかには収入証明の提出が必要のないものもありますが、返済が難しくなりそうなときは、やはり、早めに配偶者の方に相談するのがよいでしょう。


▲TOPにもどる



主婦 キャッシング 理由 審査


主婦がキャッシング審査に通るには
専業主婦だけれどお金を借りたい、という場面がたまにありますが、そのようなとき、どうすればいいのでしょうか。このようなとき、「金融機関で借入の申し込みをしてみたけれど、審査に通らなかった」という人もいます。

金融事故の事故情報が個人信用情報機関の個人信用情報に掲載されているわけでもないのに、いったいなぜ、と疑問に思う人も多いかもしれませんが、このようにキャッシングの審査で落ちてしまう原因というのは、申し込みをしようとしているカードローンのカードや、ローンカードなどが消費者金融のものである場合、借入をしようとしている申込者が専業主婦であれば、そのキャッシング審査には通る見込みはほぼありません。配偶者に収入があったとしても、自身に収入がなければ、こういった消費者金融はお金を貸してくれないのです。このような業者ではなく、銀行の銀行カードローンであれば、返済がきちんとできるなら、借入のできる見込みはあります。

銀行カードローンの借入限度額は低い

専業主婦が銀行カードローンや銀行のカードローンで借入ができるのは、消費者金融と違って総量規制がないからです。しかし、そもそも申込者であれる専業主婦の方に収入がなく、配偶者のみに収入がある、ということに変わりありませんので、このような金融機関で専業主婦の方が借入できたとしても、借入限度額は低めに抑えられています。
たとえば、大手の銀行カードローンなどでも、一例として専業主婦の借入限度額は30万円ていどのようです。これは、いくら、過去に返済がらみの金融事故をおこしたことがなく、個人信用情報などを蓄積している信用情報機関の信用情報に、事故情報が載せられていなかったとしても、変わることがありませんので注意してください。

そして、実は配偶者の方にも内緒でお金を借りられる場合も多く、ローンカード業者から在籍確認の電話などが配偶者の方に行くこともありません。

配偶者にバレずに借りられる?
このように消費者金融では借りられなくても、銀行のカードローンや銀行カードローンであれば、収入のない専業主婦であっても、しかも配偶者に内緒で借りることができるといわれているのですが、しかし、このような借金は本当に配偶者にバレずに完済までこぎつけることができるのでしょうか。

個人信用情報機関などの信用情報機関に掲載されている信用情報に金融事故の事故情報などと一緒に掲載されても、それを配偶者に閲覧される可能性はまずないと考えていいですが、申込者が主婦である場合、本当に配偶者にバレることなく、金融機関などの業者からローンカードなどでお金を借り、それを返済しきることができるのでしょうか。

このように借入をした場合、まず心配なのが在籍確認ですが、これに関しては旦那さんの職場に在籍確認の電話が行くことはありません。そして、インターネットバンキングを利用することで、郵便物などが送られてくることもありません。


▲TOPにもどる



主婦 キャッシング 理由 カードローン


主婦がキャッシングで審査落ちする理由
専業主婦が金融機関から借入をしようとした場合、信用情報機関の事故情報などといった信用情報に関しては問題ないのに、なぜか、審査に落ちてしまう、ということがありえます。これは、いったいどういうことなのでしょうか。審査担当者談によると、まず、収入のない専業主婦が申込者である場合、いくら配偶者に収入があったとしても、消費者金融の審査基準に照らすと、審査に合格するのは難しいのだとか。これは、利用限度額の比較的少なめな中小消費者金融でも同じで、利用者が専業主婦だと審査落ちすることがほとんどです。

では、銀行であればどうなのかといえば、人によっては、きっちりと返済できるならばこちらがおすすめです。消費者金融では借りられなかったけれど、銀行では借りられる、ということが専業主婦に関してはけっこうあるのです。

信用情報機関の事故情報は関係ない

一般的に、銀行や消費者金融、中小消費者金融などで審査落ちをしてしまう場合には、まっさきに疑うのが信用情報に関する問題です。審査に落ちてしまうのは信用情報機関に蓄積されている申込者や利用者の事故情報などの信用情報が原因で、それがそれぞれの金融機関の審査基準に引っかかることによって、借入は不可と判断されてしまうのです。
しかし、収入がないということが、専業主婦にとってはいちばんのハードルです。配偶者に収入があるといってもご自身には収入がないわけですので、このような人は、自己情報よりもむしろ、収入がない、ということがネックになっているということを認識しましょう。返済がきちんとでき、なおかつ、利用限度額が少しでよいのであれば、審査担当者談によると銀行であれば借入できることも多いようです。

独身時代の借入にも注意
このように、審査担当者談によると、専業主婦の方が金融機関などで審査落ちしてしまう背景には、信用情報機関に蓄積されている事故情報などではなく、むしろ、消費者金融で審査を受けるか、銀行で審査を受けるかが、審査担当者談によると審査で審査落ちするかどうかの分かれ目であるわけですが、しかし、これ以外にも、収入がなく生活を配偶者の稼ぎに頼っている専業主婦が、金融機関などの申込者や利用者となるときに気をつけなければいけないことがあります。

それは独身時代の借入がまだ残っている場合です。独身のときに、カードローンなどを保有しており、それを利用限度額いっぱいまで使っては苦労して返す、ということをくりかえしていた人は、結婚当初にその借金がまだ残っている、という場合もありえます。特に、返済しきっていない以前の借金が総量規制に引っかかるほどの額だった場合には、中小消費者金融や消費者金融、その他の金融機関の審査基準によって、審査落ちとなってしまうことも多いようです。

ですので、結婚して専業主婦になる方は、仕事をやめる前になるべく借金を減らしておくとよいでしょう。


▲TOPにもどる



主婦 キャッシング 理由 銀行


主婦がカードローン審査に通りたいとき
主婦であっても、たとえばお友達と出かけたり、あるいは、どうしでも欲しいものを買ったりなど、もしくは冠婚葬祭などで、急にお金が必要になった、ということがあります。そのようなときに頼りになるのが、カードローンや消費者金融のローン、また、ローンカードなどの貸金業者のカードなどですが、このようなカードローン審査で、配偶者にじゅうぶんな収入があるのに審査落ちしてしまう、という方がいます。

このような人は、いったいどういった理由で審査に落ちてしまうのでしょうか。審査担当者談によると、審査に落ちてしまう原因として多いのが、信用情報機関が持っている信用情報です。過去に、申込者が他の金融機関などで長期の延滞をしたり、金融事故を起こしてしまうと、その方は利用者としては信用度が低いとみなされて、その信用情報を閲覧した金融機関の審査で落とされてしまうことがありえるのです。

銀行の審査を通らない

このように、カードローンや消費者金融のローン、そして、ローンカードなど貸金業者のカードのカードローン審査に落ちてしまうという方は、審査担当者談によると、信用情報機関の持っている信用情報に、以前の金融事故の情報がまだ残っていることが、その一因として考えられます。
しかし、そのように金融事故などを経験していない申込者であっても、金融機関から審査に落とされてしまう利用者の人もいるのです。これは、配偶者に収入がじゅうぶんにあるかどうか、ということとはまた別の問題なのですが、特に、銀行のローンの審査に落とされてしまう、という方はどのような理由が考えられるのでしょうか。実は、主婦がカードローンなどに申し込みをしようとして、審査に落ちてしまう理由としては、借入総額がすでに現時点でかなりの額にのぼっている、ということが可能性としては大きいです。

このため、新たに借金をしたいと考えている人は、まず、現在の借金の返済がもう少し進むまで待ってからにする、というのもひとつの方法です。

なんとかカードローン審査に受かる方法
このように、信用情報機関の信用情報に金融事故の情報などが掲載されていなくても、あるいは、配偶者に十分な収入があったとしても、また、消費者金融などの貸金業者ではなく、銀行のカードローンやローン、また、ローンカードやカードに申し込みをして、審査から落とされてしまう人は、実は、これまでのその利用者の借入総額が問題になっている例が多いのです。

では、このようにいちど審査に落ちてしまう人が、なんとか、カードローン審査に受かる方法はないのでしょうか。金融機関の審査担当者談によれば、ハウスカードに申し込む、というのが、有効な方法です。このハウスカードは、ある決まった系列のお店などでのみ使えるクレジットカードで、そのために、審査にも通りやすくなっています。

そして、適度な金額の買い物をそのハウスカードでおこない、それをきちんと返済していけば、信用情報のうえでも優良な申込者ということになるのです。


▲TOPにもどる



主婦 キャッシング 理由 信用情報


主婦がカードローンを組めないとき
カードローンや消費者金融のローン、そして、銀行などの金融機関の銀行カードローン、また、クレジットカードなどの審査に、主婦の方は果たして受かるのでしょうか?

たとえば住宅ローンは、配偶者に収入があろうと、主婦の方自身は無収入ですから、パートをしていない専業主婦であれば、このような住宅ローンの申込者となることができません。返済の見込みが立たない人には、どのようなカード会社や金融機関、あるいはカードローン会社もお金を貸すことはありませんので、主婦の方が利用者となってこのようなものを契約し利用したい、という場合には注意する必要があります。

しかし、主婦の方がカードローンの審査に落ちる際には、ほかに原因がある可能性もあります。その原因は、過去の借金や、また、信用情報になにか不利な内容が書かれている、などのことです。

審査に落ちる原因は信用情報?

このように、主婦、しかも、配偶者の収入に頼って、自身にはパートなどの収入がない専業主婦の方は、カードローンや消費者金融、そして、銀行などの銀行カードローンほか、金融機関や住宅ローンの審査などにも通りづらいわけですが、しかし、カード会社のクレジットカードなども含め、専業主婦の方がこのようなものを契約しようとする際には、たとえ収入が合ったとしても、信用情報がネックになる場合もあります。
これらのカードローンなどの利用者になるには、審査に合格する必要があるのですが、その審査では、その申込者のこれまでのクレジットカードの使用歴、借金の履歴や延滞、そして金融事故などの有無を記録した信用情報がチェックされます。そのため、たとえば、返済すべきお金を期日までに振り込まなかったりといったことがこれまでにあった人は、それだけ信用度が下がり、審査に合格しづらくなるのです。銀行カードローンなどの審査に落ちてしまった人は、これまで、延滞や金融事故がなかったかどうか、振り返ってみましょう。

どうしても無理な人は
信用情報は、信用情報機関が、問い合わせのあった金融機関に対して開示するものであり、それは、カードローンや消費者金融のローンの審査、そして、銀行の銀行カードローンや住宅ローン、また、カード会社のクレジットカードなどの審査の際に、ほぼ100%、チェックされるものです。しかし、ときには、主婦の方でも配偶者に頼らずにお金を借りたい、ということがあるでしょう。

しかし、たとえパートなどの収入があったとしても、これらの返済の延滞などを含めた金融事故の履歴がまだ信用情報に残っている人が申込者である場合、審査には非常に通りにくくなってしまいます。そこで、契約をしようとする前に、自分に過去にこのような履歴がなかったか、もう一度思い返してみましょう。

また、信用情報の利用者は金融機関などですが、これらの利用者のほかに、一般の人も、きちんとした手続きを踏めば、自分の信用情報を閲覧することができます。このため、どうしても不安な方は、自分の信用情報の開示請求をして確かめておくのもよいかもしれません。

▲TOPにもどる