主婦 キャッシング おすすめ

主婦 キャッシング おすすめ

キャッシング 主婦 おすすめ 関連記事





キャッシング 主婦 おすすめ

家族の生活を支えるために日々奮闘している主婦も個人的にお金が必要な時があると思います。
消費者金融では総量規制という法律のために、収入のない専業主婦では審査に通らなくなってしまいました。
しかし配偶者の同意書と所得証明書や婚姻関係を証明する書類があれば配偶者貸付として融資することが可能です。
そうではあっても、多くの消費者金融業者はこのような事務手続きの煩雑さを嫌がって、専業主婦への貸付を止めている状況になっています。

銀行カードローンであれば、総量規制の対象外ですので収入が無い専業主婦であっても身分証明書だけで、配偶者に内緒で融資を受けることが可能です。
すべての銀行が専業主婦への貸付をOKとしているわけではないので、専業主婦でも申し込みOKの銀行カードローンの例を挙げておこうと思います。
例えば、ソニー銀行カードローン。このカードローンの借入限度額は50万円で専業主婦の利用限度額として最高額となっています。
他にはみずほ銀行カードローン。限度額は30万円ですが、みずほ銀行の口座とキャッシュカードを持っている人はネットからの申し込みだけで最短即日から利用可能だそうです。
楽天銀行スーパーローンも専業主婦OKで、利用限度額50万円となっています。
他にもスルガ銀行カードローンなども専業主婦の申し込みがOKです。

収入が無くても配偶者に内緒で借入できるのはありがたいことですが、当然ですが借りたお金は利息を付けて返済しなければいけません。 銀行や消費者金融のカードローンでは残高スライドリボルビング方式の返済が多いようです。
毎月一定の額を返済するのがリボ払いで、毎月の返済額が残高とともにスライドして減っていく方法が残高スライドリボルビング方式です。
どちらにしても、返済できるときに多めに繰り上げ返済しなければ、元金がなかなか減りません。
銀行カードローンは消費者金融よりも金利は低いのですが、できるだけ支払う利息は減らしたいものです。
返済できるときに多めに返済するのが得策です。

専業主婦は家の中のことと子育てで大忙しなのに給料が無いからこそ、お金の問題が起こるのだと思います。
消費者金融ではお金を借入できなくても、専業主婦をターゲットにした銀行カードローンはあります。
銀行カードローンとは何ぞや?とそこから知りたければ、東大医学部卒のMIHOさんがカードローンについて書いているサイトなどを読むとわかりやすいですよ。

旦那さんに内緒でお金が必要な時は誰にでも起こりうることだと思います。
ただし、借りたら期日にきちんと返す。そのことだけは守るようにしましょう。


▲TOPにもどる



キャッシング 主婦 おすすめ 銀行カードローン

急な出費でお金が必要なのに、専業主婦という理由だけで消費者金融では審査落ちして、悔しい思いをしている人はいませんか?
専業主婦で収入が無くても正規の金融機関で融資を受けることは可能です。

消費者金融は大手でも中小でも、総量規制という法律に従って営業をしています。
なので収入がゼロの人に融資をすることが出来ません。
例外として専業主婦の場合は、配偶者の同意書と収入を証明できるもの、婚姻関係を証明できるものがあれば配偶者貸付として融資することが可能なのですが、手続きが煩雑すぎて収入に見合わないと判断して、専業主婦への貸付自体を止めてしまっている消費者金融が多いのです。

銀行の場合は総量規制の対象外ですので、専業主婦に積極的に融資しているところはたくさんあります。
例えば、みずほ銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、ソニー銀行カードローンなどがそれにあたります。
基本収入が無いということで、利用限度額は最高で50万円。しかし限度額30万円という銀行が多いように思います。
銀行カードローンのメリットは金利が低いということでしょう。
金利が低いとはいえ、軽く考えずに借りたものは期日にきちんと返済してください。
また、銀行カードローンも消費者金融のように即日融資と謳っているところは多いですが、その銀行の口座を持っている人限定だったりするので、即日融資は難しい場合もあります。

パートでもアルバイトでも毎月安定した収入があれば、消費者金融業者でも申込み可能です。 大手であれば、初回契約時に無利息期間があるのでお得に利用できます。
日曜や祝日でも無人契約機で申込みでき、即利用できるのも大手の利用者が多い人気のポイントでしょう。

大手消費者金融のプロミスでは、プロミスレディースキャッシングといって、女性オペレーターが対応するという女性専用サービスがあるようです。
申込方法もパソコンやスマホからと簡単です。
現代は多くの女性が子供の手が離れると、パートやアルバイトなどで社会に出ています。
もちろんバリバリに働いているキャリアウーマンの人もたくさんいらっしゃいます。
外に出れば付き合いもありますし、今月は思ったより出費が多いという月もあるでしょう。
そういったときに、収入がある人は消費者金融で借入するという方法もあります。

働いている主婦も、専業主婦も配偶者に知られずに借入できる場所があるというのは心強いものです。
もちろん借りたら利息を付けて返済しなければいけません。
借りたはいいけど返せない、その返済のために借金をするという自転車操業のようになっている人は、借金専門の弁護士に相談するという方法もあります。
無料匿名相談もあるので、大事になる前に早めに相談することをお勧めしたいと思います。


▲TOPにもどる



キャッシング 主婦 おすすめ 審査

夫には内緒でお金を借りたいという主婦の方は多いと思います。
パートやアルバイトであっても自分自身に安定した収入がある人であれば、大手消費者金融でも銀行カードローンでも借入できる可能性があるでしょう。
しかし、専業主婦の場合、収入がゼロなので消費者金融の審査に通らないのです。
じゃあ、どうしたらいいの?と困っている人は多いのではないでしょうか。

消費者金融会社などの貸金業者は総量規制により、収入が無い人には融資ができないと法律で決まっています。
専業主婦もそれに該当するのですが、配偶者の同意と収入証明書、婚姻関係を証明できるものが揃えば配偶者貸付として融資を受けることが可能となっています。
しかし、処理が煩雑なため手間だけがかかり儲けが少ないと判断し、専業主婦への貸付自体を止めてしまっている業者もあるようです。
専業主婦がお金を借りるときの選択肢は非常に少ないのが現状です。

そこで利用してほしいのが総量規制の対象外となっている銀行ローンです。 収入が無い専業主婦もキャッシングの申し込みができる金融機関は銀行のみだと思います。
ネット銀行では、ソニー銀行カードローンや楽天銀行スーパーローンなどが専業主婦OKです。
みずほ銀行カードローン、横浜銀行カードローン、新生銀行カードローンも専業主婦への貸付を行っています。
借入限度額は30万円から最大で50万円と低いのですが、それは収入がゼロという点で仕方がないことかと思われます。

自分の身分証明書があれば申し込みできるので、配偶者に内緒でお金を借りることが可能です。
最近では銀行カードローンでも即日融資を前面にアピールしているところが多いですが、実際はその銀行に口座を持っていることが条件だったりすることも多いので、即日融資は難しいことも多いようです。

もし、食費などの日常の生活費に困るほどの困窮で主婦キャッシングしようとしているのであれば、公的制度で生活福祉資金貸付という制度もあります。
それなりの審査はありますが、金利が0〜1.5%と非常に低金利です。
このような生活支援が必要なレベルの状態の人はキャッシングよりも公的機関に頼る方が賢明だと思います。
ただし、民間の消費者金融などからの借金で首が回らなくなり、その状態から再建するためにこの制度を利用するということはできないことになっています。

借金返済で苦しんでいる人は専門の弁護士に相談するという方法があります。
無料匿名相談から始めてみてはいかがでしょうか。


▲TOPにもどる



キャッシング 主婦 おすすめ 消費者金融

主婦の方のキャッシングで消費者金融からの借入を希望する場合は、毎月定期的に収入があることが条件になります。
専業主婦のように収入がゼロの人は消費者金融からお金を借りることはできないのです。
専業主婦の人は銀行カードローンであれば申し込みOKのところが多いので、ご主人に内緒でお金を借りたければ銀行カードローンに申し込みすればいいのです。

どうして消費者金融と銀行ではこのように対応が違うのかというと、消費者金融は総量規制に順じて貸付を行わなければいけないので、収入が無い人には融資ができないと法律で決まっているのです。
総量規制とは、2010年に改正された貸金業法で、無理な貸付が原因で自己破産してしまう人が多かったため、それをなくすために作られた法律です。
銀行は銀行法に従って業務を行っており総量規制の対象外ですので、専業主婦への貸付が可能なのです。

上にも書きましたが、あなたが専業主婦で配偶者に内緒でお金を借りたいと考えているのであれば、銀行カードローンに申し込めばいいのです。 例えば、ソニー銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンなどが専業主婦OKです。
借入限度額は30万円〜50万円のところが多いので、配偶者の同意書も必要なく内緒で借りることが可能なのです。

大手消費者金融などの銀行系カードローンでも配偶者貸付といって、配偶者の同意と収入証明書、婚姻関係を証明できるものを提出すれば融資してくれる金融業者もあるのですが、同意書などが必要ならば内緒というわけにはいけませんね。

それに銀行カードローンの方が消費者金融などのローンカードよりも金利が低い場合が殆どです。
ネット専業銀行ならインターネットからの申し込みが24時間いつでもできるという銀行もあります。
今は銀行のサービスも大手消費者金融並みに便利になっていきつつあるようなので、金利の低さや借り入れの便利さなど、自分の希望に沿った銀行を選んで借入するといいと思います。

ただし、借金返済のために借金しようとしているのであれば、話は別です。
もし万が一審査に通って借りれたとしても、返せなくなる危険性が高いでしょう。
借金問題で困っているならば借金専門の弁護士に相談することをお勧めします。
無料匿名相談もあるので、利用してほしいと思います。


▲TOPにもどる



キャッシング 主婦 おすすめ 融資

男性でも女性でも家族に借金を知られたくないもの
特に専業主婦だと一生懸命に家のことをやってもお給料をもらえる訳ではない上に、自分のために使えるお金はほんのちょっとだったりします。
どうしても欲しいブランドのバッグを買ったり、友達との贅沢なランチのためにキャッシングしたいと思ったことのある人は多いのではないでしょうか?

主婦がキャッシングする場合、パートやアルバイトで何らかの収入がある人の場合は、消費者金融カードローンなどから融資を受けられる場合が多いです。
銀行系カードローン会社の広告でレディースローンというのを見たことがありませんか?
例えばプロミスにはレディースキャッシングがあって、受付や電話対応などは女性が行うようです。
女性も堂々とキャッシングする時代なんです。

総量規制の問題
専業主婦の場合は総量規制の関係で消費者金融のカードローン審査には通りません。
貸金業者は収入が無い人にお金を貸してはいけないと法律で決まっているからです。
配偶者の同意書と収入証明書、婚姻関係を証明する書類を提出すれば、配偶者貸付制度として融資する業者も中にはあります。
しかし手続きが煩雑だという理由で、専業主婦への貸付自体止めてしまっている業者も多いです。

では、専業主婦はどこでならお金を借りることが出来るのかといえば、銀行カードローンです。 銀行は総量規制の対象外なので年収がゼロの専業主婦にでも融資をすることが可能です。
しかも、借入限度額が30万円〜50万円と低いので、配偶者の収入証明書も必要なく、自分の身分証明書さえあれば融資を受けることが出来ます。

収入がゼロの専業主婦は一応旦那に安定した収入があるだろうということで融資を受けられています。
では、契約時に旦那の会社に在籍確認の電話が行くのではないかと心配する方もいると思いますが、それはありません。
どの銀行カードローンでも旦那の会社への在籍確認はありませんので安心してください。
あるのは、自分の携帯電話への本人確認の電話連絡だけです。

例えば専業主婦も申し込み可能な銀行カードローンの例として、ソニー銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、みずほ銀行カードローンなどがあります。
銀行カードローンは大手消費者金融よりも金利が低い場合が多いので、主婦にはありがたいポイントでもあります。

以上のように専業主婦でもお金が必要な時に家族に内緒でキャッシングする方法はあります。
しかし、借りるということは必ず利息を付けて返済するということです。
当然ですが、それを踏まえてキャッシングしなければいけません。
借金問題で困っている場合は、専門の弁護士に相談するという方法があることを覚えておいてほしいと思います。
最近は匿名無料相談もあるそうです。困った時は利用してください。

▲TOPにもどる