主婦 キャッシング 内緒

主婦 キャッシング 内緒

主婦 キャッシング 内緒 関連記事





主婦 キャッシング 内緒

主婦だってたまには贅沢したってバチは当たりません。
ブランドもの買っちゃったけど、そのあとの家計が・・というときがあるかもしれません。
キャッシングしようと思っても収入が少ないパート主婦や専業主婦では審査に通らずに消費者金融で断られた経験がある人もいるのではないでしょうか。
でも大丈夫です。主婦でもキャッシングはできます。
今回、いざというときに主婦でも借りれる金融機関を探してみました。

まず、パートでもアルバイトでも毎月安定して収入がある場合は、消費者金融のローンカードや銀行カードローンでも借入できる可能性が高いです。
大手銀行系消費者金融の宣伝でレディースローンというのを見たことがありませんか?ああいうのだと敷居が低くて申し込みしやすいかもしれません。
中小消費者金融系や街金なら更に審査が甘いので大丈夫だと思います。ただし中小や街金は金利が高いです。
返済が負担にならないように注意が必要です。

専業主婦の場合ですが、総量規制という法律を守って貸付をしなければいけない消費者金融では収入がゼロの専業主婦には融資することが出来ません。
配偶者の同意書と収入証明書と婚姻関係を証明する書類を提出すれば融資をしてくれる業者もあるようですが、手続きが面倒で手間がかかるということで専業主婦への貸付自体を止めてしまった業者は多いようです。

しかし気を落とさないでください。 銀行は総量規制の対象外なので、専業主婦も申し込みできるカードローンはたくさんあります。
もちろん、パートやアルバイトの主婦もです。ただし、きっちり審査は行いますよ。
専業主婦の場合、融資限度額は銀行によっての違いはありますが、だいたい30万円〜50万円なので収入証明書を提出するは必要ありません。
なので自分の身分証明書があれば申し込みできます。旦那に内緒で借入できるということです。

消費者金融は貸金業法に基づいて貸付を行っており、銀行は銀行法という法律の元で営業しているからこのような違いが起こってきます。
専業主婦も申し込みOKのカードローンには、みずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、イオン銀行カードローン、じぶん銀行カードローンなどがあります。
いわば、これらのカードローンは総量規制対象外カードローンといった感じでしょうか。
どこの銀行も配偶者への在籍確認はありません。本人確認の電話も自分の携帯電話でOKのようです。
これだと家族にばれる可能性が低いので安心ですね。

しかし、銀行の場合、即日融資は難しいかもしれません。
ホームページなどでは最短即日と書いてあっても、そこの銀行口座を持っている人のみ即日可能という場合もあるので、大手のようなスピーディさはないかもしれません。
それでも専業主婦にある程度の融資額がもらえるのはありがたいことです。
主婦だってたまには贅沢しないとストレスが溜まります。
キャッシングしたら必ず期日に返済する。
これを守って上手にカードローンを使えばいいのではないでしょうか。

もし借金問題で困った場合は、借金専門の弁護士に相談する方法があります。
無料匿名相談があるので利用しやすいと思います。
もしもの時のために覚えておいてください。


▲TOPにもどる



主婦 キャッシング 内緒 カードローン

最近は大手消費者金融でも女性向けのレディースローン商品を提供しています。
このように多くの女性がキャッシングをしている時代です。
でも、キャッシングしていることを家族に知られたくないという人は多いようです。
主婦が家族に内緒でキャッシングできる方法があるのでしょうか。

まず、パートやアルバイトで毎月少しでも収入がある人では消費者金融や銀行カードローンに申し込むことが可能だと思います。
審査はもちろんありますが、それに通過できれば借入できるでしょう。
専業主婦の人も銀行カードローンであれば申し込み可能です。

というのも、貸金業者のくくりにある消費者金融は総量規制の関係で収入が無い専業主婦にはお金を貸してはいけないと法律で決まっています。
対して銀行は銀行法の下で営業していますので総量規制対象外となり、専業主婦にも融資をすることが出来ます。
また旦那にばれずに借りたいという点も安心です。

借入限度額が30万円〜50万円という契約が殆どなので収入証明書も必要ない金額ということになり、配偶者に知られることなく自分の身分証明書だけで借入することが可能なのです。
消費者金融業者も、配偶者貸付で専業主婦に融資している業者も中にはあります。
配偶者の同意書と収入証明書、婚姻関係を証明する書類があれば配偶者貸付制度で貸付ができるのですが、手続きが煩雑で面倒くさい割には儲けが少ないということで実際は専業主婦への貸付自体を止めている業者が多いのが実情のようです。

専業主婦の申し込みをOKにしている銀行カードローンとしては、代表的なところで三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、イオン銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンなどがあります。
銀行の場合は大手消費者金融と違って審査に時間が掛かる場合が多く、即日融資となっていても銀行口座を持っている人に限るという場合があります。
借りる時は少し時間に余裕を持って申し込んだ方が安心です。

上記の通り、パート主婦や専業主婦にも家族に内緒でお金を借りられる金融機関はありますが、いずれも審査に通らなければ契約できません。
信用情報に問題がある人などでは借入できない可能性が高いので、審査が甘い中小消費者金融や街金などに当たってみることも考えなければいけません。
借金はするよりも返すことの方が大変です。
借りたらきちんと期日に返済しましょう。
借金問題に悩みがある場合は専門の弁護士に相談する方法もあります。
無料匿名相談を利用してプロに相談すると解決できることがあると思います。


▲TOPにもどる



主婦 キャッシング 内緒 消費者金融

日々家族を支えていらっしゃる主婦は、急にお金が必要になっても、借りれる場所がなかなか無いと諦めている方が多いのではないでしょうか。
主婦が誰にもバレずにキャッシングしたいならば、銀行カードローンに申し込みするのがいいと思います。
アルバイトやパートなどで、毎月安定的に収入がある人であれば、銀行系大手消費者金融でも銀行カードローンでも借りやすい立場だと思います。
必要書類としては身分証明書と借入限度額が50万円以上の場合は収入証明書が必要と思われます。

一般的に収入がゼロの専業主婦ではどこからも借入できないと勘違いしている人が多いですが、そうでもないのです。
確かに、総量規制に従って貸付をしなければいけない消費者金融では収入ゼロの専業主婦では審査に通らないのですが、総量規制の対象外である銀行カードローンでなら専業主婦でも申し込みができます。

総量規制というのは貸金業法で定められているので、銀行法に基づいている銀行で契約すれば専業主婦でも借入できるという訳です。
消費者金融でも専業主婦に融資している業者も探せばあります。
配偶者の同意書と収入証明書と婚姻関係を証明する書類を提出すれば借り入れが可能なのです。
しかし多くの消費者金融会社ではその手続きの煩雑さを嫌って、専業主婦への融資自体を止めてしまっている状態です。

旦那に内緒で、という点でも銀行カードローンは安心です。 専業主婦への融資限度額は30万円〜50万円と低いので、収入証明書も必要ない額ということになり、本人確認書類さえあれば審査を受けられます。
在籍確認の電話を旦那の勤務先にかけることもありません。
本人確認は自分の携帯電話にかけてもらえるので、家族に内緒で借入可能というわけです。
あとは契約書が見つからないようにすることくらいです。

このような専業主婦への貸付を積極的に行っている銀行系ローンとして、楽天銀行スーパーローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローンなどがあります。
銀行口座を持っていれば即日融資の可能性もあるとのことです。

消費者金融では借入できなくても銀行カードローンであれば主婦のお小遣い程度なら十分な額を借入できることがわかりました。
銀行カードローンのほうが金利も低いし却ってお得な気がします。
ただし、調子に乗って借りすぎには注意が必要です。
今まで我慢していた分、どっと使ってしまう可能性もあります。
返済できず自己破産などということにならないように気を付けましょう。

もし、借金問題で困ったときは専門の弁護士に相談すると解決できることが多いです。
その道のプロですから、色々な解決方法を教えてもらえます。
無料匿名相談もあるそうなので、困ったときは是非利用しましょう。


▲TOPにもどる



主婦 キャッシング 内緒 審査

家計を預かる主婦が急にお金が必要になった、それも旦那には内緒で用意しなければいけない・・
そんな時、どうやってお金を準備しますか?
親などから借りれる人はいいですが、業者から借りるとなると消費者金融が早いのか?

何らかの仕事を持っていて毎月安定した収入がある主婦の場合は消費者金融のレディースローンなどでお金を借りることが出来ますが、収入が無い専業主婦では残念ながら消費者金融のローンカード審査に通りません。
そういう時は銀行カードローンに申し込みしましょう。
銀行カードローンでは収入がゼロの専業主婦にも積極的に融資している銀行がたくさんあります。

なぜ、消費者金融では借りれず銀行カードローンでなら借入できるのかといえば、2010年に貸金業法が改正されて消費者金融はじめ貸金業者には総量規制が導入されました。
収入がゼロの専業主婦がお金を借りるときは、配偶者貸付といって配偶者の同意書と収入証明書、婚姻関係を証明する書類の提出が義務付けされたので、多くの消費者金融会社が手続きの煩雑さを嫌って専業主婦への貸付自体を止めてしまったのです。
中には今でも配偶者貸付を行っている消費者金融業者も存在します。

銀行は総量規制の対象外です。銀行は銀行法という法律に従っています。 なので銀行の中には、配偶者に安定した収入があることが前提で専業主婦でも申し込めるカードローンを提供しているところがあるのです。
借入限度額は30〜50万円に設定されているところが多いので収入証明書は必要なく、自分自身の本人確認書類があれば融資を受けれる可能性があります。
専業主婦も利用可能な代表的な銀行系カードローンとしては、イオン銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンなどがあります。
銀行口座を持っている利用者には即日融資も可能な銀行もあるようです。

パートやアルバイトでも仕事を持っていて安定した収入がある主婦では、消費者金融でも銀行でも申し込みOKですが、金利の低さから考えれば銀行の方がお得です。
ただし、審査は銀行の方が厳しいので信用情報に問題がある人では審査に通らないでしょう。
また、消費者金融の場合は、総量規制によって年収の三分の一の金額しか融資を受けることが出来ないので、収入が少ない人は銀行カードローンのほうが融資額が大きい可能性もあります。

このように、自分の立場ならどこで借りるのが有利になるのか考えて自分に合った所で借りるのがいいと思います。
ただし、返済計画を立てるなど借りた後のこともよく考えてから借入れしなければいけません。
万が一借金問題で困ったことが出来たときは、借金専門の弁護士に相談するという方法があることを覚えておいてください。
自分一人で追い詰められて悩むよりプロに相談することで解決できることが多いです。
無料匿名相談もあります。


▲TOPにもどる



主婦 キャッシング 内緒 銀行カードローン

お金を借りるときは家族に内緒で借入したい。
殆どの人がそう思うように、主婦でもバレずに借金したいと思う人が殆どです。
主婦の場合、借入できるところも限られていたりします。

まず、アルバイトでもパートでも毎月安定した収入がある主婦なら、銀行カードローンでも消費者金融でも申し込みすることが出来ます。
難しいのは専業主婦の場合で、収入がない専業主婦は総量規制の関係で消費者金融の審査には通りません。
配偶者の同意書と収入証明書と婚姻関係を証明する書類を提出すれば配偶者貸付として融資を受けることも可能ですが、実際はその制度を利用している消費者金融業者はあまり多くありません。

専業主婦がお金を借りたければ銀行カードローンに申し込むのがいいと思います。
銀行は総量規制対象外です。
専業主婦も申し込み可能な銀行カードローンとして代表的なものを挙げると、三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、イオン銀行カードローンなどがあります。

借入限度額も30万円〜50万円という額なので収入証明書は不要で自分の免許証などの本人確認書類のみで審査を受けることが出来ます。 最近は銀行も審査にかかる時間が短くなり、口座を持っている場合は即日融資が可能な場合もあるようです。

旦那の会社に在籍確認の電話が行くのではないかと心配する人がいますが、それはないので安心してください。
以上ような理由で、夫に契約がばれる心配はだいぶ減ったと思うのですが、金融機関からの郵便物が家に届くことでバレる可能性が無きにしも非ずです。
それを避けるためにできることといえば、自動契約機でカードを受け取るという方法があります。
大手消費者金融に自動契約機があることはみなさんご存知ですが、三菱東京UFJ銀行にも無人機があります。
利用明細書に関してはwebサービスを利用することで郵送無しにできる場合があります。

もし借入先から郵便物が届く機会があっても、多くの場合は会社名は伏せてわからないようにして送られてきます。
気を付けるに越したことはありませんが、そんなに神経質になることも無いように思います。
ただし、返済が遅れると、督促状が郵便で届くので、期日を守って返済することはとても大事です。

当然の話ですが、お金を借りたときは利息を付けて返済しなければいけません。
それができない人が意外と多いのです。
もし、借金の返済で悩んでいるのであれば、借金専門の弁護士に相談するという方法もあります。
無料匿名相談もあるので、困ったときはプロに相談してみるといいと思いますよ。

▲TOPにもどる