主婦 キャッシング 口コミ

主婦 キャッシング 口コミ

主婦 キャッシング 口コミ 関連記事





まずは銀行カードローンから攻めてみよう


専業主婦のキャッシングと言えば、銀行カードローンでしょう。
信用情報で金融事故がなければ、即日融資もできます。
大手消費者金融ではできないことです。

大手消費者金融では申し込み対象になっていない
プロミスやアイフルなどの大手消費者金融と言われる金融業者では、専業主婦は借り入れができません。
消費者金融の限度額を総量規制と言います。
これは年収の3分の一が規定になっていて、専業主婦は収入がゼロですから、借り入れができない、申し込みもできません。

専業主婦以外にも収入がない方はNGです。
銀行カードローンは、総量規制無関係で配偶者が要る専業主婦なら申し込みができます。
年収はゼロ書いて良いのですが、専業主婦のキャッシング限度額は、各銀行で決まっています。
10万円〜50万円です。

専業主婦でも借り入れができる消費者金融会社
申し込みすらできない消費者金融は大手消費者金融です。
それ以外の中小消費者金融や街金では、一部の消費者金融会社で配偶者貸付制度があります。
字のごとく配偶者がいて、配偶者の年収を元に貸付をする内容です。
ですから、夫の年収が関係します。

専業主婦は収入はないのですが、夫の収入での生活ができていることがこの貸付制度の元になっています。
よって、審査は、夫婦2人を行います。
妻がブラックであったとしても、夫が大丈夫なら借りられることが多いですが、総量規制範囲内全部ではなく、一部になります。

夫であれば自分が契約者で総量規制100%自分のものです。
そこに配偶者貸付が入り込む形であり、その時の範囲などは、信用情報などの審査よります。
せいぜい数十%で、ブラックでの契約だと審査落ちもあります。

無利息サービスは受けられる?
消費者金融に多い無利息サービスですが、大手消費者金融の契約ができない専業主婦は無利息は無縁です。
中小消費者金融などでも配偶者貸付でも対応していればですが、なかなかできないことが多いです。
楽天カードなどは、優遇金利で半分金のキャンペーンなどをしていますが、無利息期間は聞いたことはないです。
銀行カードローンでは、無利息はあまりしないです。

銀行カードローン審査に通りたい
お買い物はいつもイオンという方は、イオン銀行カードローンがお得ですし、楽天市場利用者は楽天銀行カードローンがポイントもたまって便利です。
いずれも専業主婦対応銀行カードローンですが、大手銀行カードローンも専業主婦でも作れます。
在籍確認もなし、自宅で電話番号確認程度で簡単申し込み。
現在多重債務ではなく、債務整理者でもない。

信販系カードローンの契約もない場合は、収入ゼロ専業主婦のカードローンは申し込みOKです。
上記の何かがあれば、信用情報で専業主婦の立場でブラックになっていることがあります。
もともと銀行カードローン限度額が小さいですから、多重債務というのも危険な要件です。
しっかり、キレイからしてから申し込みを。
無理して返済してから銀行カードローンに申込んだに通った、という口コミはとても多いです。


▲TOPにもどる



レディースローンを利用してみたい 女性スタッフが話を聞いてくれる


レディースローンは女性専用のキャッシングサービスです。
専業主婦も利用ができるのですが、大手消費者金融のレディースローンは専業主婦の申し込みには対応していません。
銀行カードローン、街金など中小消費者金融で配偶者貸付制度があるところに限定しています。

どうして大手消費者金融では対応していないの?
大手消費者金融会社の申し込み規定には、収入がある方とあります。
これは、主婦であったとしても、パートやアルバイトなどの収入程度でも借り入れできることを意味しています。
その上レディースローンですと、女性スタッフが受付も応対もしてくれるという特典です。

お金のこと、借金相談で必ず女性が相手をしてくれることで、安心してキャッシングをして下さいというものです。
大手消費者金融で、専業主婦なのですが借りれますか?と聞いたとしても、女性スタッフが親切に断ってくれると思います。
収入がないと総量規制の範囲が決まりません。
消費者金融では配偶者貸付制度があるところもありますが、大手消費者金融全般では、この制度を取り入れているところはゼロです。

中小消費者金融のレディースローン
配偶者が一定収入のある方の場合のみレディースローンに対応しています。
これは総量規制例外ではなく、配偶者の年収が総量規制範囲内です。
限度は、信用情報などの審査によって決まり、夫の総量規制すべての借り入れができるわけではありませんが、専業主婦もキャッシングできる範囲が決まっています。

ということは、夫もキャッシングしている場合は、それぞれの総量規制ではなく、一緒です。
本来なら消費者金融での借り入れができないのですが、特別な配偶者貸付で、キャッシングができます。
配偶者貸付では夫の同意書と夫婦関係を示す証明書が必要です。
夫に内緒のキャッシングができないのです。
レディースローンでもここは厳しいです。

30日間無利息キャッシング、専業主婦も利用できる?
老舗消費者金融ではレディースローンとして無利息期間があるところもあります。
半世紀以上も貸金業者として営業していますが、レディースローンのページに専業主婦の配偶者貸付情報が掲載されています。

ということは、配偶者貸付で無利息期間サービスも受けられると期待してしまいます。
これは審査次第ということもあり、その時の状況によるみたいです。
消費者金融関係者でも、実際に審査をしてみないと、良くある当社規定により、です。
貸付ができるだけでも御の字ですが、レディースローン無利息が利用できたら良いですね。
直接担当者に気いてみるのが良いでしょう。

銀行系カードローンなら、消費者金融業者と違い、専業主婦で楽々申し込みができます。
レディースローンなら女性スタッフですし、ローンカードも持つことができます。
審査に自信がある、夫に内緒でキャッシングしたい方は、是非申し込みをしてみて下さい。
ブラックでなければ大丈夫かも?申し込みしてみないとわからないですよ、結果は。


▲TOPにもどる



新生銀行は専業主婦に優しいキャッシング


銀行カードローンの中でも、新生銀行のカードローンはちょっと異色です。
元々レイクという消費者金融が、新生銀行になった経緯から、消費者金融と銀行カードローンをかけ合わせた存在です。
銀行ですが、カードローンに関しては、消費者金融のノウハウが生きているのです。
そして、専業主婦に嬉しいポイントがあるのです。

新生銀行の配偶者貸付制度
普通、中小消費者金融など手の配偶者貸付制度では、必ず夫の同意書が必要です。
ですから、銀行カードローンのように夫に内緒のキャッシングができないです。
配偶者貸付制度とは、配偶者=夫の年収を総量規制として、専業主婦がキャッシングできる範囲が決まります。
新生銀行は銀行カードローンですが、この配偶者貸付制度でしか専業主婦が利用できないという特殊な形です。
ここが消費者金融のノウハウその1です。

新生銀行では夫の同意書不要って本当?
銀行カードローン審査では総量規制は無関係で、専業主婦にも上限50万円程度のキャッシングができます。
新生銀行もそれと同じ総量規制対象外なのですが、夫の年収を確認するということです。
要するに、銀行の専業主婦枠でのキャッシングですが、一応配偶者貸付制度っぽい続きが必要ということです。

消費者金融のノウハウではなく、銀行としての立場も優先してくれるのです。
普通銀行カードローン審査では夫の同意は不要です。
新生銀行も、夫の収入証明書などで収入確認はするけれど、同意書不要です。
そして、専業主婦の限度額は高い収入の夫がいたとしても、せいぜい50万円程度です。
総量規制範囲内ではなく、新生銀行の規定ということ。

30日間無利息、5万円まで180日期間無利息期間が選べる
消費者金融のノウハウその2ですが、専業主婦のカードローンでも無利息期間があります。
消費者金融で多いキャンペーンですが、さすがはレイクです。
ドカンと大きな企画で、180日期間5万円の無利息期間は、専業主婦には嬉しいです。

金利がゼロが半年間。
5万円までですが、生活費からのやりくりを考えると、この内容は大きなポイントになります。
専業主婦が利用したいカードローン金融機関としては、新生銀行が絶対におすすめです。
夫に内緒も実現します。

お金借りたい主婦が気になる審査は?
ここで、消費者金融ノウハウその3です。
銀行は審査に関しては、とても厳しいとされていますが、そもそも貸金業者ではないため、案外と苦手です。
とはいっても、現在はコンピューターで行うので人の手は関係ないのですが、消費者金融系バリバリの新生銀行なら、普通の銀行カードローン審査より、少し甘め?との口コミもあります。

専業主婦のチェック項目は、在籍確認などの収入情報はゼロで、とにかく信用情報です。
限度額が少ないですから多重債務者はNGです。
すでに銀行カードローンを持っていたとしても完済しておくことがベストです。
また、消費者金融会社などでの債務整理者はおとなしく5年以上は申し込みは待ちましょう。

この2つをクリアしていれば、新生銀行カードローン申込、専業主婦利用の確率は高いです。
レディースローンに申し込みをしたら、女性スタッフが対応してくれます。
わからないことも質問しやすいですから、インターネットよりもいろいろ知ることができます。
夫に内緒なんですが、と直接言うのもレディースローンが便利かもしれません。


▲TOPにもどる



専業主婦はカードローンをつくるのが大変?


当然ながら専業主婦は収入がゼロです。
それでも良い、カードローン審査をしますよというのが、大手銀行やネット銀行のカードローンです。
総量規制対象外の銀行法でのキャッシングは、収入ゼロでもキャッシングサービスを実施しています。
イオン銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンなどは専業主婦のお買い物に大いに貢献してくれるでしょう。

レディースローンは特別にないですが、ピンクカードなど女性向きのローンカードなどもあります。
無収入だけど、借りれる専業主婦の強い味方です。
銀行法は、債務者の味方である総量規制対象外を容認しています。
これは、債務者に有利なものと位置づけられています。

消費者金融はNG
専業主婦は、消費者金融の貸金業法では、借り入れができません。
配偶者貸付制度はありますが、専業主婦だけの力ではなく、配偶者の年収が絡んできます。
配偶者が無職であればNGであり、収入証明書が出る収入源でなければならないです。
専業主婦だけのローンカードは持てないことになります。
こうした動きから、なかなか消費者金融での借り入れは専業主婦は不向きになります。
本人がブラックで、銀行カードローン審査に通らない、配偶者貸付制度と思っても、職業が安定していない結婚生活においては、残念ながら奥様のキャッシングができないことになります。

信販系カードローンのキャッシング
こちらも総量規制範囲内と言えば、配偶者貸付制度と同様です。
同意書など必要になったり、ショッピング機能はあるけれど、キャッシングはできないのです。
これも自分に返済能力がないことが原因であり、専業主婦なのにキャッシングの必要があるか?という議論になってしまいます。
レディースローンに申し込みをしてくる女性は、夫に内緒でカードローンを作る方が多いといいます。
消費者金融関係者の話ですが、理由はいろいろですが、本人が使うだけではなく、生活費としてキャッシングをしている主婦もいます。
ということは、専業主婦だった同じ生活費のためのキャッシングをしたい方も多いでしょう。

専業主婦で借りれないのなら
方法としては、銀行カードローン審査落ちなら、働く、です。
キャッシングのためにパートやアルバイトをするということです。
在宅ワークなどでも収入証明書が出る仕事なら、個人事業主として申し込みができます。
せっかくの専業主婦枠の銀行カードローンですが、ここは審査が厳しいです。
一度審査落ちになってしまったら、なかなかそのごの申し込みもしたくないというのが本音であり、実際ブラックリストになると、5年以上の申し込みをしても審査落ちが゜続きます。

新生銀行カードローンは専業主婦の味方
夫の同意書無しの配偶者貸付制度がある新生銀行は、前身が消費者金融レイクです。
配偶者貸付の形での専業主婦のカードローンですが、夫の収入証明書のみの提出で審査が通ります。
30日間利息期間、5万円までは180日期間無利息という魅力があります。
銀行カードローンですから、金利も消費者金融よりも低めです。
総量規制も夫のものではなく、自分のローンカードとして使用できます。
50万円程度の限度額になりますが、無利息があるのは大きなメリットでしょう。


▲TOPにもどる



中小消費者金融の配偶者貸付制度 審査が甘いかも?

専業主婦ではないけれど、年収50万円程度の主婦は、カードローン申し込みで迷うところでしょう。
パートやアルバイトとして仕事はしていますが、月に4万円程度ですと、カードローンの収入ではなかなか審査が通らないことが多いです。
最低でも100万円程度なければ、消費者金融でも審査通過ができないことになります。

銀行カードローン審査が妥当
専業主婦OKの銀行カードローンでは、限度額が最高50万円です。
パートで年収50万円程度ですと、このキャッシングはとても無理です。
主婦であれば、この専業主婦枠を利用して、作るのが妥当です。
ただし、消費者金融では自分のローンカード作成はこの年収だと難しいでしょう。

銀行融資は、消費者金融とは違います。
総量規制が関係する消費者金融のキャッシングでは、年収3分の一を限度額とします。
年収60万円だとしたら20万円ですが、そのような収入は低すぎるとされています。
ですから、専業主婦枠で借りる方が、簡単ですし、上限も上がります。

中小消費者金融の配偶者貸付も
安定した収入がある夫であれば、夫の総量規制での借り入れができます。
ただし、ここでも限度額は50万円程度が上限です。
要するに銀行カードローンと同じ程度です。
それでも、パート主婦もOKですし、銀行カードローン審査落ちのブラック専業主婦も借りられるのが、この配偶者貸付制度です。
元々低い収入の主婦ではなく、消費者金融で借りることができない専業主婦のための制度です。
銀行融資でNGでも、審査が甘いので、借りられる可能性は大きくなります。

レディースフタバのキャッシング
レディースフタバは、老舗消費者金融で、レディースローンに特化しています。
中小消費者金融として長年ローン会社として経営していて、女性にも専業主婦に優しいキャッシングができます。
最近流行りのスピード審査も即日融資もないですが、きちんと話も聞いてくれます。
配偶者貸付制度のある中小消費者金融や街金では、ネット系銀行カードローンにはない審査があります。

それは、インターネット申し込みなどのあとに、電話での質問などがくることです。
特にブラックの場合、その原因や状況を説明しなくてはならないことがあります。
その時間が長いこともありますが、すべて承知をすることが条件ですから、専業主婦でもキャッシングができるところなので、真摯に回答をしましょう。
レディースローンなら女性担当者ですし。夫の勤務先の在籍確認もないです。

カード発行ではなく、指定口座の振込になりますが、内緒で作りたいと思っても、この場合は、同意書が必要なので、それはできないと言われることになるでしょう。
中小消費者金融などの配偶者貸付制度は、勝手に作ることはできない、そこをなんとかといっても、対応できないです。
しかし、専業主婦が消費者金融で融資金利は少し高くなりますが、借入ができます。
その為の審査です。
電話対応は真面目に回答が好感持たれると思いますが、よほどひどい信用情報の場合は、審査落ちもあります。

▲TOPにもどる